目黒区に住む美女にインタビュー!理想の男性像・部屋とは?

airRoom編集部

更新日:2023年01月29日

皆さん、美女の求める部屋ってなにかご存知ですか?今回、目黒区に住むharukaさんにインタビューを行い、理想の男性像や部屋を聞いてきました。

目次

airroom banner

ギャップが可愛い関西出身の美女

今回インタビューしたのは目黒区に住むharukaさん。現在24歳で、3年前上京してきて、現在はITで事務の仕事をしているそうです。
地元は大阪で、時々でる関西弁が可愛らしい。綺麗な顔とのギャップがたまらないです。
そんなharukaさんに理想の男性像や理想の部屋などを聞いてきました!

美女の求める理想の男性像とは?

早速ですが、理想の男性像を聞かせて頂けますか?

「落ち着きとユーモアがある人が好きですね」
そう答えたharukaさん。落ち着いて受け入れてくれる包容力のある人がタイプらしいです。
自分が相手に釣り合う女性になれるよう、お互いに努力できるような間柄になれるような相手。ただ落ち着いているだけではない、飽きさせない面白さも兼ね備えた男性が好みだそうです。

逆に、どんな男性が苦手ですか?

「感情の整理が下手な人は苦手ですね」
自分の感情で女性に対する態度が変わったり、やつあたりする人などは苦手らしいです。自分も少し喜怒哀楽が激しい所があるので、お互い衝突してしまうかもしれないから、だそうです。人間、反対のタイプの人と恋をした方がいいのかもしれないですね。

どんな男性の部屋が理想?

どんな男性のお部屋のテイストが理想ですか?

「清潔感があって、シンプルにまとまった部屋が好みです。インテリアが好きなので、家具とか見ちゃいます。男性だとシックな色味のお部屋がいいですね。ホテルライクなテイストだとテンション上がります」
ホテル巡りが好きだというharukaさん。落ち着いた色味で統一するとシックでホテルライクな部屋になりそう。

男性のお部屋であったらいいなと思う家具はなんですか?

「ふかふかのダブルベッドですね。良い男性ほどベッドにこだわっていると耳にします。」
とharukaさん。「良い男性って、睡眠時間を大事にしていて、ベッドにこだわっている方が多いと聞きますし、もし彼女ならベッドが広いほうがお互いリラックスできそうだなあと思いますね。」

「あと、ソファがあると嬉しいですね。地べたで食事やテレビを見るのはちょっと学生っぽく感じてしまって。広いゆったりとしたソファがあるだけで、大人な落ち着いた時間が過ごせそうだな、と思います。」
あまりソファについて深く考えたことはなかったのですが、確かに…!とはっとさせられました。

シンプルデザインの3人掛けカウチソファ

サブスクでお試し利用料金を見る

これを機にふかふかのダブルベッドとくつろげるソファを男性の皆さん、揃えてみてはいかがでしょうか?

インタビューを終えて

ありがとうございました。

「ありがとうございました。よろしければ、これ持って行ってください。」
と微笑みながらharukaさんが手渡してくれたのはくまさんのクッキー。harukaさんもくまさんのクッキーも可愛すぎます。この気遣い、丁度傷心中だった私にとっては女神でした…。



いやめっちゃ可愛すぎます。

harukaさんはお部屋もこだわっているそうです。次の記事ではとっても可愛いharukaさんのお部屋を特集するので、是非見てください。

ご協力してくださったharukaさん、本当にありがとうございました!


記事をシェアして友達に教えよう!

関連するキーワード

関連する記事