おしゃれでかわいいドライフラワーの作り方

airRoom編集部

投稿日:2019年06月05日

インスタグラマーさんのお部屋を見ていると「ドライフラワー」を飾っているお部屋を多く見かけませんか?真似してみたい!と思っている方も沢山いると思います。しかしドライフラワーの作り方がよく分からないと思っている方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな「ドライフラワー」の作り方やおしゃれなレイアウト方法をご紹介します。かわいいドライフラワーを作って素敵な空間を作りましょう。

ドライフラワーってどうやって作ればいいの?

ドライフラワーを作ろうと思ってもどのような花が良いのか、吊るすだけといっても最適な場所などあるのかなど様々な疑問がありますよね?初めにドライフラワーの失敗しない作り方をご紹介します。

ドライフラワーにするお花ってなんでもいいの?

まずドライフラワーを作る際に最初にすることはお花選びです。お花屋さんにいってどのような種類のものにするか悩みますよね。ドライフラワーを作る際にはお花選びにもコツがあります。それは水分量の多いお花をなるべく控えること。百合や、椿、多肉植物など水分の多いお花は乾燥までに時間がかかり、乾燥したころにはお花の色が悪くなってしまうことがあるのであまりおすすめしません。
ドライフラワーに向いているお花はバラ・ミモザ・野ばらの実・カスミソウ・アジサイ・ラベンダーなど様々な種類があります。小さいお花をドライフラワーにするのもとてもかわいらしく人気のあるものですが、乾燥させるとお花が縮んでしまうので注意が必要です!

ドライフラワーを作る手順

さあ、ドライフラワーに向いているお花がわかったところで作る工程に入ります。干しておけばできてしまうのがドライフラワーですが、干す工程にもいくつかコツが!
コツを抑えてよりよいものを作りましょう。

ドライフラワーの作り方

ドライフラワーにはお花を吊るす方法が定番で一般的に知られていますがお花を飾りながらドライフラワーにしていくことが出来る方法もあるんです。今回はそんな一般的なドライフラワーの作り方と、お花を飾りながらドライフラワーを作ることが出来る「ドライインウォーター法」をご紹介いします。


ドライフラワーの作り方【自然乾燥でドライフラワーを作る場合】

買ってきたお花をドライフラワーにする際のコツです。まず乾燥させる場所は直射日光の当たらない風通しの良い場所を選びましょう。
そして花自体の不要な葉っぱをとり、頭を下にして吊るし乾燥させます。一気に吊るして乾燥させることも可能ですが、1本ずつ吊り下げたほうが乾燥する時間が早いのでおすすめ。
水分量の多いお花を吊り下げる場合は1本で乾燥させましょう。
乾燥期間の目安は約1~2週間ほどになります。(お花の種類で異なります。) 

ドライフラワーの作り方【自分で育てたお花を使用する場合】

自分で育てたお花をドライフラワーにする場合お花の収穫は朝か夕方にすると◎植物は昼間に水分を発散するのでお昼前に収穫し吊るすと良いですよ。お花をドライフラワーにするタイミングもポイント。花が咲き進んだものだと花びらが落ちてしまったり、発色が悪くなってしまったりします。しかしつぼみが固すぎるものもだと早すぎてしまうので、ドライフラワーにするタイミングを見極めるのも大切です。タイミングとしてはつぼみが完全に開いたその日にドライフラワーにするのが◎お店でお花を買う際もこのタイミングで購入するのがベストですよ。

ドライフラワーを作り方【ドライインウォーター法】

ドライインウォーター法を初めて聞いたという方も多いと思います。ドライインウォーター法とは少しのお水にお花を挿して少しずつ水分を蒸発させることでドライフラワーにしていく方法です。アジサイなどのお花のふんわりかん・ボリューム感を大切にしたい場合はこのドライインウォーター法が向いています。
ドライインウォーター法のやり方としてまず初めに花瓶に水を1~5センチ程水を入れお花を挿します。そして室内の風通しのよい場所を選んで置いて下さい。1~2週間ほどで水分が抜けドライフラワーが完成します。
このドライインウォーター法はお水に挿しておくだけなのでとても簡単な方法ですが注意点もあります。完成するまでに時間がかかるのでお花の色が悪くなってしまうことがあるので注意してください。また茎が曲がりやすい植物は首が曲がりやすいためあまり向きません。

お花を早く乾燥させるコツ

お花をなるべく早く乾燥させることできれいなドライフラワーにすることが出来ますが、どのような方法があるのかご紹介します。
まず1つ目にお花を吊るす場所をエアコンの前に吊るし風を当たるようにすることで早く乾かすことが出来ます。また2つ目に衣服などの乾燥機を使用することでキレイに仕上げることができますよ。

飾る場所に適した場所は?

ドライフラワーのレイアウト場所は直射日光の当たらない風通しの良いとことがGOOD!キッチン周りなどは水分があるのであまり適しません。梅雨時期などの湿気が多い期間は乾燥剤を入れた衣装ケースなどに入れておく方法もありますよ。

いつまでもつの?意外と知らないドライフラワーの鑑賞期間

ドライフラワーがいつまでもつのか皆さんはご存知でしょうか?レイアウトする場所にもよりますが、およそ3カ月から半年といわれています。長い期間飾っていると汚れたりホコリが付いたりするのでお手入れは丁寧することを心掛けてください。

ドライフラワーのレイアウト法

こちらは定番の飾り方。花瓶や壁に飾るのも定番ですがドライフラワーの種類や花瓶によっても印象が変わりますよ。


壁に吊るすだけの方法ではつまらない!という方はこのようにバッグを使用して飾るとおしゃれさが一気に増しますね。

ブランドの紙袋を利用するとまた違った印象に。花瓶を買わなくてもおしゃれにアレンジできるのでおすすめですよ♡

ドライフラワーをレイアウトするためのおすすめの家具

北欧コンパクトスツール(ブラウン)

¥540/月

5.0

この商品の説明

スツールの脚のデザインが一押しのポイントです!アトリエ空間のような部屋に早変わりさせることができます。上京の際の一人暮らしのお供に使ってもらえると嬉しい気持ちになります。使い心地も良いのでよかったらぜひ購入お願いします。

詳細を見る

天然木のシェルフ

¥2,376/月

4.8

この商品の説明

天然木のシェルフです。
丁度いい高さでお部屋を広く見せます。
ナチュラルなお部屋にも男前なお部屋にもぴったり。
小物を置いてディスプレイにどうぞ。

詳細を見る

ジクザグチェスト

¥1,404/月

4.8

この商品の説明

ジグザグなデザインのチェストです。
シンプルながらも個性的なデザイン。
背板がないためすっきりとした印象。
背が低くお部屋を広く見せてくれます。

詳細を見る

シンプルガラスシェルフ(ホワイト)

¥2,916/月

4.8

この商品の説明

シンプルなガラスのシェルフです。
シンプルなデザインでお部屋のテイストを選びません。
本棚としてもコレクションシェルフとしてもお使いいただけます。
背面がガラスなため圧迫感がありません。

詳細を見る

コンパクトなアンティークハイスツール(ブラウン)

¥756/月

5.0

この商品の説明

座るだけでなく、ちょっとした飾り台のように使ってもおしゃれです。アトリエ空間のように自分たちの好みや暮らしに合わせて、自由に使い方もアレンジしてみてはいかがでしょうか?

詳細を見る

おしゃれでかわいいドライフラワーの作り方はいかがでしたか?

今回はおしゃれでかわいいドライフラワーの作り方ということでドライフラワーの作り方をご紹介しました。ドライフラワーを飾りたいと思っていた方も作り方が分からず諦めていた方も多かったのではしょうか?コツを知ることできれいなドライフラワーを簡単に作ることが出来ちゃうんです。これを読んでぜひドライフラワー作りに挑戦してみてください。お部屋に飾る他にも、友達にプレゼントしたり、アクセサリー作りの材料にしたりと活用方法は様々。アレンジもきくのでおすすめですよ。かわいいドライフラワーで気分をあげちゃいましょう♡

記事をシェアして友達に教えよう!

関連する記事