【6畳ワンルームのレイアウト】家具レンタルでお部屋のコーディネート!

airRoom編集部

更新日:2022年11月26日

ワンルームのお部屋は狭いので、家具選びは重要になってきますよね。しかも、6畳なら尚更。家具レンタルで賢く家具をレイアウトしましょう◎

6畳ワンルームのレイアウトって難しい。

6畳のワンルームのレイアウト・コーディネートって難しいですよね。
狭いし、キッチンがあるから冷蔵庫やレンジなども置かないといけない…。そんなお悩みを持っている方はたくさんいると思います。
そこで!家具レンタルを活用した6畳ワンルームのレイアウトやコーディネート例をご紹介します◎

6畳ワンルームの家具のレイアウト・コーディネート

6畳ワンルームのレイアウト例

縦長の6畳のワンルームであれば、このようにレイアウトしてみてはいかがでしょうか?
奥から、ベッドや棚を置き、その手前にテレビ台、テーブル、座椅子や1人掛けソファを並べてレイアウト。
手前のスペースに冷蔵庫やレンジをおくのがキッチンに近いのでGOOD。

ベッドは横に置いてみて!

このお部屋のように、6畳縦長のワンルームでは、窓側や壁側にベッドを置けば手前のスペースを大きくすることができ、うまくレイアウトできます。
ベッドの側に余裕があれば、棚や観葉植物などの小物をおけばスペース活用にもなるレイアウト。

ベッドは多機能で

マットレス付き引き出し収納付きシンプルシングルベッド

サブスクでお試し利用料金を見る楽天市場で探すAmazonで探すYahooショッピングで探す

多機能なシングルベッドはとっても便利。収納スペースも兼ねてくれるので6畳ワンルームの狭いスペースを活用できます◎
このレンタルできるベッドは収納力たっぷりでクローゼットが狭かったりなくても安心してレイアウトできる便利なベッドです。

空いたスペースで残りの家具をレイアウト!

残りのテーブルや座椅子、テレビ台などの家具は空いたスペースにレイアウトしましょう◎
スペースがありそうであればテレビ台の横に冷蔵庫やレンジ類などを置くのも手ですが、あまりテレビの横には置きたくない!という方やスペースがない!という方はドア付近にレイアウトするのも手です。

6畳ワンルームの空いたスペースに置きたい家具

フレンチブルーテレビボード

サブスクでお試し利用料金を見る

ナチュラルなお部屋にしたい方はこのような家具をレイアウトするのはいかがでしょうか?天然木の素材感がお部屋に温かみをプラスしてくれます。
家具レンタルなら6畳の狭いワンルームでも家具を1ヶ月で交換できるので様々なレイアウトやコーディネートが楽しめます◎

6畳ワンルームのレイアウトを広く見せるには??

広く見せるコツ①色使い 

狭い6畳ワンルームのお部屋を広く感じさせるにはインテリアの色使いがとても大切です。特に部屋の色の大部分を占める壁や床、中心となるカーテンやベッドの色は淡い色で統一するといいでしょう。白やベージュ、グレーなどの色で統一することで視覚的に部屋を広く感じさせることができます!

このお部屋のように全体を白にまとめることですっきりとしていて家具などの圧迫感を感じさせないようにすることができます。

広く見せるコツ②家具の高さ

お部屋を広く見せるコツその2は家具の高さです!6畳ワンルームはどうしても天井が低く設計されていることが多く、家具を置くとスペースがとても狭く感じてしまいます。
 一人暮らしの基本的な家具であるテーブル、ベッド、チェアの高さを床から近いものを選ぶことで目線の高さに家具がないことからすっきりとしたお部屋の印象に早変わりです!

このお部屋のように家具を低くすることでお部屋に入ってくる光の量が多くなって明るい印象にする効果もあります。

こちらのローテーブルは横幅も広く高さが抑えてあり、カラーも淡いため、お部屋を広く見せるにはうってつけです。

 広く見せるコツ③ミラー効果

どれだけコンパクトなインテリアを置いても、実際のお部屋の広さが変わるわけではありません。そこで大きな鏡を配置して目の錯覚を利用し、お部屋を広く見せてみてはいかがでしょうか?商業施設でも用いられる技法ですが鏡に写った空間がプラスであるように感じられ、お部屋が広くなったように感じるそうです。
大きな鏡を設置することで身だしなみをチェックするのにも手間いらずでとても実用的ですね。

女性の方はこちらのお部屋のように大きめの鏡をテーブルの上に置くだけでも効果的です。お化粧などの際に便利ですね。

大きな鏡を置く余裕がない方はご覧のようなガラス天板のローテーブルを使うことで鏡の代役を果たすこともできそうです。

広く見せるコツ④収納

本記事でもご紹介いたしましたベッドの他にもスペースを取らない収納の工夫はたくさんあります!
ベッド下以外にも壁を上手く使って自慢の本や雑貨などを「見せる収納」でおしゃれに飾ってみてはどうでしょうか?

こちらのお部屋は壁のスペースを上手く活用していますね。賃貸では難しいところも多いかもしれないですが穴をあけずにできるものも増えているのでぜひ壁収納も試してみてください!
 

6畳ワンルームのお部屋のレイアウトを楽しみましょう

今回は、6畳ワンルームのレイアウト・コーディネート例をご紹介しました!
せっかくの自分だけのお部屋。大好きで家に帰るのが楽しくなるようなお部屋にしたいですよね。上手くスペースを活用してそんなお部屋をつくりましょう。
家具レンタルでその夢、叶えてみませんか?

記事をシェアして友達に教えよう!

関連する記事