インテリアコーディネートの基本とは|素敵なお部屋にするコツ3選

airRoom編集部

投稿日:2019年09月20日

気に入った家具を置いてみたのになんとなくおしゃれに見えない…自分のお部屋にそんな悩みを抱えている方はいませんか? 素敵なインテリアに見せるためには、統一感を出すことが大切で、それにはいくつかの基本的なコツがあります。自分の好みのものを集めるだけではなく、コツを押さえた家具選びと配置で、おしゃれ見えするお部屋づくりを目指しましょう。この記事では、おしゃれな部屋の実例を紹介しつつ、素敵なインテリアコーディネートの基本を紹介します。インテリアのカラーバランスや、家具の配置に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

素敵なインテリアに見せるにはコツがあります

部屋をおしゃれに見せるためには「統一感」がとても大事です。例えばすべての家具の色や素材を合わせたり、家具を揃えて配置したりするようにすると、統一感を出すことができます。ワンルームのような、ひとつの空間に多くの役割が必要なお部屋の場合は、まとまりを出すことが難しいかもしれません。これから紹介するコーディネートの3つのコツを参考に、素敵なインテリアを実践してみましょう。

インテリアコーディネートの基本(1)まとまった配色にする

インテリアコーディネートのまとまりを決める大きな要素のひとつが「配色」です。配色の比率によってお部屋全体の統一感が決まり、何色を使っているかによってどんな雰囲気のお部屋になるかが決まります。

カラーの配色比率には黄金比がある

カラー配色比のバランスが取れていると、センスの良い落ち着いた空間に見せることができます。一般的な配色比の黄金比はベースカラーが7割、メインカラー(アソートカラー)が2.5割、アクセントカラーが0.5割とされています。一番大きな面積を占めるベースカラーは壁と床部分にあたり、多くの場合ホワイトや薄いベージュ系のカラーが使われます。メインカラーのインテリアにあたるのは、棚やテーブルなどの家具全般です。メインカラーの色調や濃さによって印象が大きく変わるので、お部屋のテーマに沿ったカラーを選びたいところです。最後に選ばれるアクセントカラーは、クッションやインテリア小物などで加えるとインテリア全体のバランスが整います。鮮やかな色が使いやすい部分で、アクセントカラーだけの模様替えでも、インテリアの印象を変えることが可能です。

ベースカラーが白、メインカラーはベージュ系の家具でまとめて統一感を出したインテリアコーディネイトです。アクセントカラーにモスグリーンのソファを配置して、落ち着いた雰囲気にしています。観葉植物をさらに足しても素敵ですね。

同系色を多く用いたカラーコーディネートは、最も調和が取りやすいコーディネート方法です。あまり考えすぎずに家具を選んでいくことができますが、単調になりやすい点がデメリットであるともいえます。ワンポイントで全く違う色を足したり、柄物を配したりして変化をつけると良いでしょう。


白やグレーなどの無彩色のみのコーディネートは都会的で無難にまとめることができますが、それだけでは寂しい雰囲気のお部屋になってしまいます。アクセントカラーに元気なイエローを配置することで、一転して明るくおしゃれなお部屋に。

違う柄同士の組み合わせでも、似たカラーのもの同士であればまとまりのあるインテリアコーディネートに見せることが可能です。ピンクとベージュなどの類似色同士の組み合わせも、比較的簡単に色の調和を取ることができます。

10色それぞれの効果と使い方

色には人に心理的な影響を与える効果があり、部屋の役割にあった色を効果的に使うことによって、気分良く毎日を過ごすことができるでしょう。それぞれの色の効果やおすすめの使い方を紹介しましょう。

【白】

清潔感のある白はどんな色とも相性が良く、お部屋を明るく見せてくれることから、ベースカラーとして最も多く使われています。エレガントな雰囲気にしたいときにもふさわしい色でしょう。白の冷たさを軽減したいときは、柔らかい素材感のものを選びましょう。

【赤】

血行を促進して気持ちを高揚させてくれる赤は、賑やかに過ごしたいリビングで使うのがおすすめです。面積の大きな部分に使うのには向いていないので、ソファのカバーやクッションなどでポイント使いすると良いでしょう。赤の面積を多めに取りたいときは、緑の観葉植物や小物も配置すると全体のカラーバランスが整います。

【ピンク】

ピンクは女性ホルモンの分泌を促してくれ、美容や若返りの効果もあるカラーです。薄いピンクやベージュに近いピンクは面積の大きなメインカラーに配しても。ビビットな濃いピンクを使うときは少量にとどめたり、青緑も一緒に使ったりすると、おしゃれにまとまります。

【オレンジ】

活力と知性を兼ね備えたオレンジは、楽しく過ごしたいリビングに適したカラーです。健康的な親しみやすさもあるので、家族団欒の時間を過ごすダイニングに使用するのも良いでしょう。
【黄】

元気で幸福感を与えてくれる黄色は、暗くなりがちな水回りや、北向きの日が差し込まない部屋で使うと開放感をプラスできます。また、食欲を高めてくれる効果もあるので、ダイニングで使っても。鮮やかな黄色の面積を多くしてしまうと、かえって圧迫感が出てしまうので注意しましょう。

【緑】

自然を思わせるような緑色は、和やかな雰囲気にしたいリビングや、リラックスして過ごす寝室に使うと良いでしょう。メインにグリーンを配した場合は、赤い小物をポイントに置くとおしゃれに見せることができます。

【紫】

神秘的な雰囲気のある紫は、自尊心を高めてくれる効果があるといいます。ヨガや瞑想、音楽鑑賞をする部屋に使うのが向いているでしょう。また、格調高い雰囲気のお部屋づくりにも適したカラーです。紫の配分を多くしたいときは、黄色をアクセントにプラスしてバランスを取りましょう。

【青】

青には鎮静効果があるので、集中力を高めたい書斎や、落ち着いて過ごしたい寝室で使うと良いでしょう。また、狭く壁に囲まれたお風呂やトイレに使用すると圧迫感が薄れ、リラックスすることができますよ。

【茶】

落ち着いた茶色は面積の大きなメインカラーに使いやすく、他のどんな色とも相性の良いインテリア向けのカラーです。よりインテリアに統一感を出すためには、使う茶色の濃さや色味を同じにします。ワンポイントにゴールドを合わせると、リッチな雰囲気を演出できるでしょう。

【黒】

モダンなインテリアによく使われる黒は、合わせる色によってお部屋の印象が大きく変わる色でもあります。重厚な雰囲気にしたいときは濃い色と、シックにしたいときはソフトな色と組み合わせましょう。鮮やかなビビットカラーと合わせるとおしゃれで刺激的な雰囲気に見せることができます。

インテリアコーディネートの基本(2)空間をレイアウトする


お部屋を広く見せられるかどうかは、どのように家具を配置するかによって決まります。居心地が良く、センスの良い空間を生むためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

視線を奥へ誘導するように配置する

部屋の奥まで視線が届くような家具配置にすると、部屋を見渡したときに自然に意識が奥へ誘導され、広く感じられる空間にすることができます。ソファやテーブル、棚などは奥への視線を遮るような置き方はせず、同じ方向に並べて配置するようにしましょう。

棚とドレッサーを一方の壁際に揃えて置き、反対の壁際にベッドを縦に置いて奥の窓まで視線を誘導しています。面積の大きなベッドは低いタイプを選んでいることもあって、ワンルームのお部屋でも狭さを感じさせないインテリアになっています。

目の錯覚で奥行きを強調する

手前に背の高い家具を置き、奥に背の低い家具を置くと、目の錯覚により奥行きが強調されて見えるため、部屋を広く見せることができます。

手前にソファを、窓際にローテーブルを配置して奥の空間をより広く見せています。明るい窓際の開放感に気持ち良さを感じる、素敵なお部屋です。

背の低い家具でまとめて開放感を

ワンルームでは、すべての家具を背の低いものにするロースタイルもおすすめです。ダイニングテーブルやソファの代わりにローテーブルや座椅子、クッションなどを配置して、部屋の上の空間を広く取るようにします。

くつろぐときは毛足の長いラグとクッションの上で。ローベットを選択されているので、ベッドの圧迫感が薄れ、空間を広く見せているお部屋です。

ンテリアコーディネートの基本(3)自然な動線を作る

動きやすく、生活しやすいお部屋にするためには、自然な生活動線を作って家具を配置することが大事です。ワンルームに多い縦に奥行きのある部屋の場合は、手前から奥までスムーズに歩きやすい動線を確保しましょう。

中央のローテーブルの両脇に奥へ繋がる動線を確保しているので、くつろぐ空間を作りつつ、生活しやすい空間となっています。また、ソファやローボードに奥行きの狭いコンパクトなタイプを選ぶと、生活動線を確保しやすくなり、ワンルームを広く便利に使うことができるでしょう。

インテリアコーディネートは「統一感」が大切

インテリアの統一感を出すためのもうひとつの要素が「素材感」です。例えば、家具の材質を木製で揃えると、バラバラなデザインの家具でも統一感のあるお部屋に見せることができます。

シルバーのスチール素材でまとめられたスタイリッシュなコーナーです。ガラスの天板と白い座面がまるで海外のインテリアのよう。

ほっこりとしたお部屋にしたいときは、木材を使用した家具でまとめたコーディネートがおすすめ。材質が統一されているので、一見バラバラなようでもおしゃれにまとまって見えます。

レンタルを利用してインテリアコーディネートの悩みを解決しましょう

Instagram

airRoomの家具レンタルサービスを利用すれば、おしゃれな家具を1か月単位でレンタルすることが可能です。プロがセレクトしたコーディネートセットもあるので、インテリアコーディネートが難しいという方でも、手軽におしゃれなお部屋に住むことができますよ。

大人っぽくナチュラルにまとめられたインテリアのセットです。セットの家具は材質と色が統一されているので、簡単にまとまりのあるおしゃれな空間に変えることができるでしょう。レンタルなら購入よりもずっと初期費用がかからないので、インテリアをまとめて揃えることや、気分によって部屋を丸ごと模様替えをすることも、気軽にすることができます。利用する際に今ある家具を一時的に預かってもらえるサービスもありますので、airRoomの家具レンタルで素敵なお部屋づくりをしてみてはいかがでしょうか。

記事をシェアして友達に教えよう!

関連する記事