家具家電付き物件にメリット・デメリットがある中でメリットの活用方法とは?

airRoom編集部

投稿日:2019年10月31日

新しい賃貸マンションなどには家具家電付き物件が増え、すぐに新生活をスタートさせたい人や利用期間が短い人、急な転居や異動などに多く利用されています。 しかし家具家電付き物件にはメリットも多いですがデメリットもありますので契約前に内容を確認した上で、自分のいろいろな条件に合わせて検討する必要があります。 家具家電付き物件に少々デメリットがあったとしても、物件を探す際にメリットの方が大きければメリットを活かした探し方もあります。 そのためには、どう理由で家具家電付き物件を探そうとしたのか原点に戻って考えることも大事です。

家具家電付き物件のメリット・ デメリットとは

家具家電付き物件の大きなメリットは、引っ越しの際の手間と初期費用を抑えられることです。

しかし家具や家電付き物件でも基本プランに日常生活に必要な寝具やソファ、テーブルやイス、冷蔵庫や洗濯機、照明器具やカーテンなど初めから選択できる場合や基本プランでは選べるものが限定され、入居までにオプションで追加する方法や必要なときに追加できるなど選択できるメリットもあります。

オプションなど含め日常生活に必要なものがすべてそろえることができれば、家具や家電を別に準備する必要もなく、簡単に引っ越しすることができるメリットがあります。

日常生活に間に合う家具家電付き物件に引越しする場合には、自分で購入する必要がなく引っ越しの準備に余裕ができるということもメリットです。

また家具家電付き物件のメリットには家具家電の基本プラン以外は、自分が今まで使っていた物を運びこむこともでき、また現地で気に入った物を徐々に購入し、必要に応じて増やしていける自由があることです。

すべて揃えられる家具家電付きマンションでは、引越しする場合や退去するときにも荷物が少なく、引っ越し費用を抑えられるメリットもあります。

また家具家電付き物件のマンションでのデメリットとしては、あらかじめ設置されている基本プランの家具家電やオプションプランから選ぶ場合に、選択できる商品が自分の好みに合わないケースもあり、我慢しなければならないか自分で購入しなければならないことがあることです。

さらに注意しなければならないのは、契約書に「家具家電保険補償」あるいは家具や家電が「付帯設備」になっている場合は問題ありませんが、付いていない場合に家具や家電などに思わぬ修理・交換費用がかかることがありますので特に短期間利用の時などに
注意が必要です。

また、家具家電付き物件に入る場合に初期費用は少なくてすみますが、家賃はほかの物件と比較すると割高に設定されており、年単位の長期間利用する場合には最初から自分で購入したほうが安かったというデメリットになることもありますので良く検討する必要があります。

家具家電付き物件のメリットを活かした探し方

初めて一人暮らしをスタートさせるときに、引っ越しすればすぐ生活できるという家具家電付き物件は大きなメリットとして利用することができます。

家具家電付き物件を探すときには、住むところに近い不動産会社などを回って直接相談し物件を見せてもらい、どのような家具や家電が設置されているのか、またオプション家具や家電にはどのような物があるのかなど、いくつかの物件と不動産会社を比較しながら希望する物件を探すことができます。

現地に行って家具家電付き物件を探すことができない時には、不動産情報ポータルサイトを利用しながら全国にある家具家電付き物件を簡単に効率よく探す方法もあります。

不動産情報ポータルサイトからは家具や家電など自分で買わなくて済む家具家電付き物件を、全国どこからでも簡単な操作で24時間、いつでも自分の時間の都合の良い時間に検索することができます。

不動産情報ポータルサイトの違いにより操作の仕方が多少違いますが基本的には同じです。

ポータルサイトから確認したい物件を選択すると部屋の間取りや賃貸料、また付いている家具家電などやオプションで選べる家具家電などを確認することができます。

また他に確認したいことがあればポータルサイトの中から該当する物件の取扱店舗に、入居日や初期費用などいろいろ問い合わせができますので、現地までわざわざ行かなくても家具家電付き物件を探すことができます。

家具家電付き物件のメリットは恵まれた立地条件

家具家電付き物件は基本的にワンルームで一人暮らしの人にメリットがあり、多くの人に利用されています。

そのため一人暮らしの人が立地条件に恵まれ、借りやすい場所に家具家電付き物件が多く存在します。

恵まれた立地条件とは通勤や通学のためのJRや私鉄、バスなどの交通機関が近いところ、毎日の生活に欠かせないスーパーやコンビニなど買い物に便利なところなどです。

また工場など従業員がたくさんいる勤務先の近くにも一人暮らしの人のために家具家電付き物件があります。
また家具家電付きのアパートやマンションの一人暮らしの人の需要を考えて、近くには、通学や通勤の帰りに寄れるような飲食店、学校や仕事が休みの時に利用できるコインランドリーやクリーニング店があるなど立地条件に恵まれている物件が多いです。


家具家電付き物件のメリットは引越しに便利

一人暮らしの人が利用する家具家電付き物件のメリットは引越しが大変楽で便利なことです。

引越しで大変なのは荷物の準備です、一般的に引越しというと、現在いるところに一人暮らしをするために必要な家具や家電を事前に購入し、他に必要な物と揃え保管するだけでも大変な労力と時間を使う大変な作業となります。

家具家電付き物件のメリットは、引っ越しのための準備が大幅に軽減でき、時間的にも体力的にも余裕ができることです。

また一人暮らしで家具家電付き物件に引っ越す場合には、衣類や小物だけで引っ越しが可能となり、段ボール数もかなり減らすことができることから引越し荷物が少なくて済み、引っ越し費用が安く済むというところもメリットです。

また引越しのための積み込み時間や、現地での運び込む時間も短くて済み引越しの整理も楽になり、自分の時間に余裕ができるのもメリットです。

家具家電付き物件のメリットを活用できる人

家具家電付き物件のメリットを活用できる人には、家を離れて大学や専門学校に通学する人や新しく就職する人、短期間の利用と決まっている人、転勤が多い人などがあげられます。

このような人たちには新しい生活をすぐにスタートするために必要なものは一通り揃っていることが大きなメリットになります。

また引っ越しまで日程に余裕がない人や急に転勤が決まった場合などには、必要な家具家電をゆっくり選んでいる余裕もなく、家具家電付き物件は大きなメリットになります。

家具家電付き物件のメリットには家具家電の基本プラン以外は、自分が必要に応じて増やしていける自由があることです。

また家具家電付き物件のメリットを活用できる人には、利用できる家具が日常生活に使えるものであれば、デザインや材質、メーカーなどに特にこだわりがない人です。

家具家電付き物件のメリットとレンタル家具との組み合わせ

一人暮らしの生活を家具家電付き物件で生活するには、家具や家電を基本プランとオプションプランとの組み合わせなどで選び生活をスタートさせることができますが、基本プラン以外の家具家電は必ずしもオプションから選ばなければならないということではありません。

オプションの家具家電と違う家具家電を利用したい場合には、新しく購入することもできますし、部分的にレンタル家具家電を利用する方法もあります。

新しく購入するには現地で時間をかけて選ばなければなりませんが、レンタル家具であれば引越し前にWEBなどで準備ができるレンタル商品の中から自分が欲しい家具家電を選び、搬入日時を入居日に指定することで入居日からからレンタル商品を利用することができます。

家具家電付き物件の基本プランとレンタル家具家電の組み合わせで、自分に合った生活をより楽しく過ごすことができます。

記事をシェアして友達に教えよう!

関連する記事